STUDIO AUXILIA

N2の創作ボードゲーム開発日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『Acapulco』お客様用ご質問フォームについて

GM大阪後、初めての週末も過ぎ、「『Acapulco』遊んだよ~」とのお知らせをいただく機会も増えて参りました。

大変ありがとうございます。

今回、新たにお客様用質問フォームを開設いたしました。

ルールやカード効果などについて、疑問をお持ちの方は、こちらにご記入下されば幸いです。メールにてご返答させていただきます。


『Acapulco』お客様用質問フォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=744455
スポンサーサイト
  1. 2012/03/12(月) 16:23:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『Acapulco』のQ&A追加版

こんにちは。N2です。

週末のゲーム会に向けて、GMの新作ゲームのルールをそろそろ読みはじめようかな?そんな木曜日がやってまいりました。。

前回更新時、「次は実際の遊び方を紹介します」と言った直後でなんなんですが、今回は予定を変更いたしまして、今までに頂きました、『Acapulco』のルールに関するご質問に回答させていただきます。

『Acapulco』には182枚、46種類のカードがありまして、それぞれにオリジナルのカードテキストがございます。

カードテキストは最初のエントリをご覧のとおり、かなりデカデカと大書されています。。これはひとつには今回アイコン以外にイラストを用いなかったため、カードにスペースが十分とれたこともありますが、デザイナー自身が最近の長文化したドミニオン拡張のカードテキストを読むのに疲れを感じていたためでもあります。そのため、カード上ではある程度の文章量にとどめ、細かい例外的処置は付属の別紙の備考欄にゆずる、というカタチをとったのですが、それでもデザイナーの文章力不足で、複数の文意に読めてしまう部分があります。

お買い上げ下さったお客様で、「これ、どっちの意味かな?」と疑問に思われた方は、まずこちらのQ&Aをご覧下さい。


以下、『Acapulco』Q&A追加版

Q:所持しているクルザード(お金)は公開情報か

A:公開情報です。あと、手札枚数も公開です。


Q:カードテキストの処理の順番はドミニオンに準じるのか

A:はい。つまり、基本的にテキストの上から順に処理し、実行不可能なものは行なわない、さらに1枚のカードの効果は一回のプレイで一度だけ発動、というものです。


Q:設置型アクションカードの配置は、アクションカード使用回数に含まれるのか

A:ルールにもあるとおり、設置型カードの設置はそもそもアクションではなく、アクションを行なう前段階であり、アクションカードの使用にはあたりません。つまり、極端な話、手札に3枚設置型カードがあれば、それを一度に設置しても構いません。


Q:1枚の設置型アクションカード(特にフリーact)は、1ターンに1度しか発動できないのか

A:そのとおりです。「号令」で2クルザード払って2ドローすることはできません。ただし、「号令」を2枚設置していれば無論可能です。


Q:航海には「船カード」は必要なく、「風向きカード」だけがあれば良いのか(つまり「カラベル船」は、風向きがない、積荷でないカードというだけということで良いのでしょうか)

A:そのとおりです。風さえ吹けば船がなくとも航海は可能です。マゼラン以後のこの時代、カラベル船は完全に旧式の船です。他のカードで代用可能ですし、風向きカードだけにすると安全に航海できるので、どんどん廃棄してゆくのが良いでしょう。


Q:交易所の設立は、交易で積荷を獲得した場合のみ行うことができるということでよろしいでしょうか。またそのとき(ザンジバルとカリカット以外なら)砂糖を獲得して交易所の設立は可能でしょうか

A:はい、そのとおりです。お金がない、積荷がサプライにない等の理由で交易が行なえない時、あるいは他の港アクション(売却など)を行なった時は交易所の設立はできません。砂糖を積み込むことでも交易所を建てることは可能です。残り資金が1クルザードしかない時などには有効な手段です。


Q:「三角貿易」で、交易所が2つ以下の場合は、お金の取得と1ドローなのか、1ドローだけなのか。またこの交易所の数は「使用したプレイヤーの交易所の数」なのか、「すべてのプレイヤーの交易所の数」なのか

A:上から順番に処理します。つまり例えば交易所が2つの時は、2クルザードを得て、さらに1ドローとなります。交易所の数とは「そのプレイヤーの所有する交易所」の数です。


Q:「強風」の効果で山札を引いているとき、航海カードが2枚出てこなかった場合は山札は切り直しになるのか。その場合、新たに作った山札からも航海カードが引けなかったらどう処理するのか

A:ドミニオンの「冒険者」と同じ処理を行ないます。つまり、効果の解決中に山札がなくなった時は、捨て札をシャッフルして新たな山札を作ります。カードの公開が完了するまでは、公開中のカードを捨て札にまぜてシャッフルしてはいけません。シャッフルして新たな山札を作っても、航海カードが1枚しか見出されないまま新たな山札がなくなった場合は、その1枚だけを入手します。


Q:「船倉」は、能力を発動させるたびに1枚置くことができるのか(つまり、前のターンに既にカードを置いている状態で発動させて2枚目を置くことができるのか)。クリーンナップフェイズの最後に(手札を4枚にした後で)「船倉」に置かれたカード(例えば「護衛」)を回収しても良いのか

A: カードは、テキストの処理が最後まで完了するまで、新たにもう一度アクションをはじめられません。つまり、2枚目は置けません。クリーンナップフェイズで手札を引きなおした瞬間にターンが終了するので、その間に行動は差し挟めません。よって、テキストの「以降の自ターン」とは「①航海フェイズ~③購入フェイズ」までを差します。


Q:「船大工」で、該当する航海カードがない場合(例えば、サプライに「キャラック船」がないときに「カラベル船」を廃棄した場合)には、航海カードを廃棄するだけなのか、破棄できないのか。

A:上記のカードテキストの法則にしたがいます。つまり廃棄は可能ですが、カードの獲得はできません。


Q:「方向転換」を山札がないときに使用した場合は、ただちに捨て札を切り直して山札を作るのか、手札から1枚を山札の一番上に置く(存在しない山札のカードと交換する)のか

A:「山札から引く」「ドロー」とテキストに書いていないので、捨て札リシャッフルとはなりません。その場合は山札が無く「交換不可能」ですので、その部分の効果が使用できません。つまり、すでに吹いている風向きを変える効果のみ使用できます。


Q:「水先人」「時化」「嵐」「海軍」の「他プレイヤー」とは、一人だけなのか、他プレイヤー全員なのか

A:「他プレーヤー」は全て「他プレーヤー全員」と読み替えてください。「海賊」にだけ「全員」の記述があるのは、一対一のゲームである「数エーカーの雪」の海賊と区別する意図から作ったテキストが残ってしまったためと思われます。記述を統一すべきでした。申し訳ありません。。


Q:「嵐」の効果で、他プレイヤーの手札に積荷カードがある場合に捨てさせるのは、積荷カードに限るのか、どのカードでも良いのか

A:捨てるのは積荷カードに限定されます。もし3枚以上手札にあれば、どの積荷を捨てるのかは、手札を持つプレーヤーが決めます。


Q:「派遣軍」「海軍」を行った後で、植民が行えないことが分かった場合にはどうするのか

A:大変難しい質問ですが、手札枚数、クルザード、盤面は公開情報ですので、アクション起動時に他のプレーヤーが指摘してあげて下さい。また手番プレーヤーも無用の誤解を防ぐために、既に植民地がある港で上記のカード効果を発動させないようにして下さい。両方ともフリーアクションですので、一連の航海が終わった後に行なうといいでしょう。

今回のQ&Aは以上となっております。今後ともルールに関しましてご質問がございましたら、ご遠慮なくコメントいただけると幸いです。
  1. 2012/03/08(木) 13:39:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボードゲーム『Acapulco』紹介その1 ~カードを見てみよう~

今回からデッキ構築型ゲーム『Acapulco』のゲーム内容についてご紹介をしたいと思います。

「デッキ構築型ゲーム」について分からないヒトは・・・おウチの人に聞いてみてください!w

・・じゃあんまりなので(笑)、こちらのサイト「浅く潜れ!」様に詳しい解説があります。
http://asakumogure.blog23.fc2.com/blog-entry-414.html

まず初回は、このゲームに使用する「カード」について見ていきたいと思います。

「デッキ構築」というジャンルの嚆矢として「ドミニオン」があるのですが、そのカードと比較してみると、両者の違いがよくわかるのではないでしょうか?

『Acapulco』のカードは、3種類に大別されます。

①航海カード
wa03.jpg

その名のとおり、船を動かして航海するために必須のカードです。このカードの力なくして、新世界への船出はかないません。さらに「風向き」カードと「船」カードにわかれます。

②積荷カード
wa02.jpg

新世界で獲得する交易品を表したカードです。これがいわゆる「勝利点カード」なんですが、「ある事」をしないと得点化できません。それについてはまた今度に・・

③アクションカード
wa04.jpg

・・アクションカードですね。ちなみに7属性に分かれてて(圧縮とかドローとかアタックとか)いつでも必ず欲しい系統のカードはサプライ上にあります。

さて。。。ここまで見てきて何かお気づきではないでしょうか?

・・・そう、、このゲームにはドミニオンの様な、毎ターン必ず使える「お金カード」はありません!

プレーヤーは航海を続けながら能動的に「お金儲け」も行なわないといけないのです!

今回のご紹介はここまでとなります。次回は実際にゲームの進め方について説明したいと思います。。

  1. 2012/03/06(火) 18:31:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デッキ構築型交易ゲーム『Acapulco』

去る3月4日、ゲームマーケット大阪にて、Chicken Dice Gamesよりデッキ構築型交易ゲーム『Acapulco』(アカプルコ)を発売いたしました!

当ブログ『STUDIO AUXILIA(スタジオ アウクシリア)』は、この『Acapulco』のサポート、並びにN2製作のゲームの今後の展開をお知らせするサイトとなっております。

                ~Acapulco~

アカプルコボードmidlle

 ヨーロッパにおいて16世紀とはすなわち海洋交易の時代でした。今や地の果て、海の果てに対する迷妄は打ち払われ、莫大な富と大いなる冒険を求めて数多の船が出発の時を待っています。

あなたもその中のひとりなのです!

しかしあなたの傍らにはまだ、わずかな商品と気まぐれな風しかありません。船大工をやとって立派な船団を作りますか?喜望峰を回って胡椒貿易に力を入れるのは名案です。新大陸沿いに一大植民地を築くのも良いでしょう。

全てはカードの巡りとあなたの裁量ひとつです。でも気をつけてください。あなたは船乗りなのです。交易品がたくさん欲しいのは分かりますが、そんなに溜め込んでは、船はちっとも動いてくれませんよ!
                (ルールブックより)


皆様のご好評を頂きまして、『Acapulco』第一版は完売いたしました。現在再生産準備中ですが、生産が完了し次第、再販の告知をさせていただきます。

また、今後このサイトで『Acapulco』のゲーム内容についてご紹介させていただきます。
  1. 2012/03/06(火) 02:04:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

てすと

テスト用
  1. 2012/03/05(月) 21:50:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

N2

Author:N2
近畿地方のとある片田舎で、創作ボードゲームを作ってます。。

新作『アルケミストラグル』をGM秋にて頒布いたします!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。